みんなが描く理想のマイホームとは

理想のマイホームを購入するには間取りや将来的なことを自分だけでなく、家族で相談して決めることが大切です。

最新情報

慎重に依頼先を決めることが大事

家を建てる際には依頼先の決め方が重要になります。依頼先の担当者の信頼度や、入居後のメンテナンス・補償制度などを確認しておくことで良い依頼先を見つけることが出来ます。

ハウスメーカーと工務店の違い

ハウスメーカーと工務店のイメージの違い

大手住宅メーカーを中心に展開されるハウスメーカーはブランド力を重視しているのに対して、戸建て住宅を専門的に請け負う工務店は安くて良い家を建てるとされています。

ハウスメーカーと工務店の価格・事業展開規模の違い

ハウスメーカーは大手住宅メーカーを中心に展開しているため全国展開をしています。それに対して工務店は地元に特化しているとされています。価格面ではハウスメーカーも工務店もピンキリですが平均的に考えると工務店の方が安いとされています。

工務店で注文住宅をゲット【注文住宅の魅力とは】

空き部屋

注文住宅のメリット

建売住宅と比べて間取りや安全性などを自分で決めることができる自由度の高さが注文住宅の最大のメリットと言えます。またデザインだけでなく建設の際に使用される資材なども自分で指定することができるので予算を調整することができます。そのため自分の工夫次第でコストを大幅に削減することができるなどのメリットもあります。

男女

注文住宅建築時に注意したいこと

注文住宅の建築依頼をする際には業者との打ち合わせに注意する必要があります。業者と依頼主の認識のズレによるトラブルは少なくなく、完成後に納得のいかない家になってしまうこともあります。そのため打ち合わせの際には、打ち合わせを行う回数・場所・期間をきちんと決定し、自分の意見をきちんと伝えることが大切です。

人気の建築スタイルランキング

一軒家
no.1

入居までの時間が短い建売住宅

土地や建物がセットで販売されている住宅である建売住宅は図面や仕様がすでに決まっているため、間取りやデザインを大幅に変更することが出来ません。しかしすでに完成しているため、入居までの時間が短いというメリットがあります。

no.2

自分で設計する注文住宅

工務店やハウスメーカーに依頼をして、自分で設計した家を建設してもらう注文住宅というものがあります。費用がかかる反面、間取りやデザインなどを自分で選べるので、より図分にあった家を作ることができます。

no.3

新築ではなく中古一戸建てを選ぶのも吉

新築一戸建て以外にも中古の一戸建てもあります。新築一戸建てに比べて購入後の保証や保険、アフターケアは手薄くなりますが予算内で収めやすいというメリットがあります。

no.4

土地を安く購入できる建築条件付き土地

売り主の指定する建築会社で契約を進みていくことを条件に、土地を購入できる建築条件付き土地というものがあります。建築会社が指定されている反面、土地の価格が相場より安く設定されている場合が多いので費用を抑えることが出来ます。

no.5

多少の変更が可能な売建住宅

すでに完成している家を購入する建売住宅と違い、売建住宅(うりたてじゅうたく)は土地を購入してから家の建設をしてもらいます。建売住宅と違い、土地を購入したあと家を建設するため、間取りやデザインの多少の変更が可能になります。