HOME>記事一覧>伝統建築が得意な宮大工に依頼!【注文住宅を購入しよう】

伝統建築が得意な宮大工に依頼!【注文住宅を購入しよう】

工具

宮大工の特徴

渡り大工とも呼ばれる宮大工は主に神社や仏閣などの伝統建築を手がけます。一般的な大工が釘や補強金属を使用する在来工法を行うことが多いのに対して、宮大工は10年以上の修行を必要とする木組みの技術を習得しています。

工具

優良な宮大工の探し方

宮大工は国から認められた技術を持っているため、技術面でとても信頼できます。その中でも優良な宮大工を探す際には実際に職人が手がけた建築物を見てみることが大切です。特に壁と床の継ぎ目である巾木やバリなど細かい点に注目すると良いとされています。

大工

注文住宅を購入する際の流れ

注文住宅を購入する際は初めに周辺環境などを元に住むエリアを決めます。次に資産計画を立てます。自己資金を確認し、総合的な予算を決めることが大切です。予算を決めたら土地を探します。土地は不動産仲介業者や工務店など様々な方法で探すことが出来ます。その後土地を購入し設計後、工事が終わり次第入居となります。

宮大工に住宅建築を依頼する人が多い理由

大工

体に優しい天然素材を使用できる

宮大工に依頼した場合、化学製品などではなく国産の杉や檜など体に優しい天然素材を使用します。また断熱材や壁材にも木材使用するため長く快適な住宅を建築してもらえます。

最高の技術で建設してもらえる

神社や仏閣などの伝統建設を手がける宮大工は一般の大工が持っている技術と比べてより専門的な技術を持っています。そのためより高度な建設をしてもらえます。

長く住むことができる

宮大工は建設の際に釘などを使わない木組みという手法で建設します。木組みはとても丈夫な手法なので、長い間住むことができる家を建設してもらえます。

国から認められているため、信頼できる

宮大工は一般的な大工と違い、国から認められた技術を持っています。また技術の取得には10年以上の修行が必要だと言われています。そのため、技術力においてとても信頼できると言えます。